UFO出現後にNASAがライブ映像を15秒停止。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

スクリーンショット 2015-01-22 14.18.29

UFOハンターなる人は、常に監視の目を光らせている。

なので、NASAは国際宇宙ステーションのライブ映像配信をやめたほうがいい。

UFOの存在がばれてしまうからだ。

 

この1年で何度も「事件」があった。

まず先週、ハンターのトビー・リンドーが、ISSのライブ配信で、地球の地平線上にあがってきた謎の物体を発見。

その後、ストリーム配信は15秒停止した。

彼はDisclose.tvに、日頃の不満を述べている。

「常にいくつかのUFOが見えるが、ステーションに近づくといつもNASAは映像をカットする」

「UFOが映ってしまった過去のアーカイブも削除している」

 

というわけで、気になる映像はこれだ(後半に拡大映像が出てくる)。

 

 

さらに衝撃なのがこの写真。





スクリーンショット 2015-01-22 14.30.50

これも、1日6時間ほどISS映像を見ている彼が残したもの。

さきほどの映像とは別のときだが、先週のこと。

やはりNASAはこの映像のあと15秒ほど配信を停止したらしい。

この、どうみても未確認な物体が、地平線が上にあがってきたという。

何かリアルだ。

 

映像はこちら(UFOが動いている動画ではない)

もう一つは去年、10月7日の事件。

UFOウォッチャーらが、衝撃的な物体を発見した。

それは、宇宙飛行士のReid WisermanとAlexander Gerstが宇宙遊泳しているときだった。

 

スクリーンショット 2015-01-22 14.34.47

これは後にレンズフレアか埃だと説明されたが、もちろんウォッチャーたちは納得していない。

 

配信しなければいいのに。

Similar Posts: