母乳の成分によっては幼児の成長を妨げる。英で母乳健康テスト開始。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2358435/Do-new-mums-need-99-test-quality-breast-milk-Or-just-needless-scaremongering.html

http://www.dailymail.co.uk/health/article-2358435/Do-new-mums-need-99-test-quality-breast-milk-Or-just-needless-scaremongering.html

 

日本では母乳による育児が一般的だが、欧米では早めにミルクに切り替えることが多い。

しかし、母乳育児の方がいろいろとメリットがあるということで、最近は何かと話題だ。

 

英デイリーメールに今日掲載された記事は、「母乳テスト」について。





お金を払って、母乳に栄養分が足りているかチェックするというものだ。

 

専門家らは、母乳は栄養が完璧なわけではなく、逆に赤ん坊の脳細胞の成長を妨げることもあるという。

魚をしっかり食べて、オメガ3が豊富であればいいが、競合するオメガ6が多いと、悪い方向へ傾く。

そして、オメガ6は現代の食生活においてふんだんに存在する。

マーガリン、加工食品、植物油。

 

オメガ3が体内にあっても、オメガ6が多いとその吸収を邪魔してしまう。

場所取り合戦のような具合だ。

 

オメガ3が不足すると、精神発達、免疫力、心血管系が妨げられてしまう。

なので、健康的な食事に切り替えて1ヶ月後、99ポンドのテストを受けて、オメガ3と6のバランスをチェックするのがいいらしい。

 

 

 

Similar Posts: