テクノロジー

極音速飛行機が初のテスト飛行に ロンドンNY間を1時間で飛行可能

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2187520/London-New-York-hour-Radical-new-aircraft-reach-Mach-6-set-tested.html

 

 

ニューヨークからロンドンまでをわずか1時間で飛行する夢の飛行機が開発されている。

14日にはじめてテストされる予定の極超音速飛行機(radical new hypersonic aircraft)は、数秒で時速4500マイル = 7 242キロメートルに達する。これは今までの音速飛行機のスピードを一気に5倍に引き上げる。
その秘密はスクラムジェットエンジンと呼ばれる新型エンジンにあり、米軍が開発している。

このエンジンの特長は、水素を使うこと。

前面から空気を取り込み、水素気流に入ることでガスが圧縮され、温度が一気に上昇。強力なパワーを生む。

 

開発はモハーベ砂漠のエドワーズ空軍基地で行われている。名称はX-51A Waveriderで、マッハ6まで加速する性能を持つ。

飛行機自体が生む衝撃波にうまく乗るように設計されているという。

 

テストではB52爆撃機の翼に搭載し、途中で切り離す。

見た目はサンダーバードのようで非現実的だが、この実験機が将来の長距離飛行機の姿に最も近いという。

 

 

Similar Posts: