異食症の子どものために、「食べられない部屋」

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://abcnews.go.com/blogs/health/2013/02/20/boy-who-ate-walls-gets-inedible-bedroom/

http://abcnews.go.com/blogs/health/2013/02/20/boy-who-ate-walls-gets-inedible-bedroom/

 

ザックくんが寝室の石膏の壁を食べ始めたのを見て、母親のレイチェル・ホーンは、彼の6歳の誕生日に「食べられない寝室」をプレゼントした。

ザック・タヒルくんは異食症(pica)に苦しんでいて、ブラインドや石、苔、紙などを食べてしまう。

 





ホーンは自治体協議体からの支援と募金やキャンペーンによって3万6000ポンドを調達。

スカッシュコートと同じ素材で壁を作り、壁はつまむことができないもので、ブラインドは窓ガラスの中に閉じ込めた。

 

異色症の人は粘土、毛玉、氷りや動物の排泄物を食べるため、汚れやすいという。

そして、消化不良で腸閉塞、栄養失調、鉛中毒を引き起こす。

 

ホーンは銀行でフルタイムで働いているので、新しい部屋には監視カメラがあり、彼の動向をチェックできるようにした。

ホーンは「私のこれからの人生もはるかに良くなるし、彼が安全な部屋で過ごしていることをカメラでチェックできるので、心配することが減った。肩の荷が下りた気分よ」と語っている。

 

Similar Posts: