南極氷床の融解が「止められない」状態に。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2626412/NASA-spots-worrisome-Antarctic-ice-sheet-melt.html

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2626412/NASA-spots-worrisome-Antarctic-ice-sheet-melt.html

 

記事には、「メルティング・アンストッパブル・スピーズ」という言葉。

南極西部の氷床が、止められないスピードで融解しているという。

 

40年に及ぶNASAの研究データは、飛行機や衛星を通じて蓄積されてきた。

そのデータを読み解くと、研究者が予測していたよりも速く西部が融解していることがわかった。

まるでそれは、ドミノような現象だという…。





 

 

Amundsen Seaを取り囲むいくつかのGlacier(氷床)。

この融解はもはや止めることはできず、遅らせることができるだけらしい。

月曜日のNASAの会見では、ワシントン大学の氷河学者イアン・ジョウギンが「私たちは最初の段階を目撃している」と語った。

「人間によるオゾンホール拡大が原因で、暖かい空気と風が南極の氷を融解させている」

 

また、NASAの氷河学者であるエリック・リグノットは、「このシステムは止められない連鎖反応の一種」と説明した。

 

たとえてみると、ワインの瓶を横にしてコルクを抜いたような状態なのだ。

 

外部の研究者は、この最新研究結果を「バッド・ニューズ」と捉えている。これは、4フィートから12フィートの海面上昇をもたらすからだ。

 

何度も言うが、この崩壊は止められない。

 

Similar Posts:






  
 

1 comment for “南極氷床の融解が「止められない」状態に。

Comments are closed.