米国でもナッツ・リターン問題は「興味あり」か?

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://abcnews.go.com/International/wireStory/court-finds-korean-air-exec-guilty-nut-rage-28909864

http://abcnews.go.com/International/wireStory/court-finds-korean-air-exec-guilty-nut-rage-28909864

 

今、ABCNewsのサイトはトップニュースがウクライナ停戦問題。

そして、その次がいわゆるナッツ・リターンの判決記事だ。

日本だけでなく、アメリカでも関心が高いのか。

 

タイトルには”Nut Rage(ナッツ・レイジ)”とあり、この事件を呼ぶ英語の呼称となっている。

訳すと「ナッツの怒り」となる。

記事中には「事件のあと、彼女は achieved worldwide notoriety 世界的な悪評を得た」と書かれていて、財閥の家族経営についても触れられている。





「Cho Hyun-ahは32歳で会社のエグゼグティブになり、二人の妹も同じ道を辿っている」

 

記事の最後は、Choさんが裁判所に提出した手紙の話。

拘留されたときに受け取ったトイレットペーパーや石けんは同室の囚人たちと分け合ったという。

「彼らが求めたわけではありませんが、そうすることが思いやりだと感じていました」

 

さて、1年の判決が下った記事について、コメント欄に寄せられた一文を紹介したい。

 

Nuts!(ばかげてる!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts:






  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。