ビートルズ 『Two Of Us』 歌詞直訳 ポールの相手はジョンがリンダか。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

1970年発表の「トゥ・オブ・アス」。アルバム「レット・イット・ビー」のオープニング・ソングとして印象深い。

まずは意訳せず、そのままの直訳から。

Two of us riding nowhere

どこかへ乗っていく私たち二人
Spending someone’s
Hard earned pay

誰かが必死に稼いだお金を使って
You and me  Sunday driving
Not arriving

日曜日に着くことのないドライブをする君と僕

On our way back home

僕らの家に戻る道で
We’re on our way home

僕らは家に帰る
We’re on our way home
We’re going home

家に帰るのだ

 

Two of us sending postcards

ポストカードを送る僕ら二人
Writing letters

手紙を書いて
On my wall

僕の壁に(貼る)
You and me burning matches
Lifting latches

マッチを燃やす僕と君

ラッチ(ジッポやライターの上蓋の部分)をあげて

On our way back home

家に帰る途中で
We’re on our way home
We’re on our way home
We’re going home

You and I have memories
Longer than the road that stretches out ahead

僕と君には思い出がある

目の前に伸びる道よりも長く

Two of us wearing raincoats
Standing so low

レインコートを着る僕ら二人

低く立ちながら
In the sun

太陽の陽の中で

You and me chasing paper
Getting nowhere

どこにも辿りつかない紙を追う君と僕

On our way back home
We’re on our way home
We’re on our way home
We’re going home

ーーーー





という感じで、そのまま訳すとよくわからないけれど、かといって意訳で大きく変わるわけでもない。

ミステリーを多く残している歌詞です。

 二人が恋人だとして、さほどロマンチックでもない。

となると、二人は解散近い時期のジョンとポールなのか。

その場合、ビートルズという旅路を終えて、再び故郷にいたときのような親友になる。

そんなメッセージが見えてきます。

このアルバムは、そんな旅路の途中なんだと。

二人には二人にしかわからない思い出がある。そんな感じでしょうか。

深読みしすぎでしょうか。

実際は、正解でもあり、不正確。

たとえば、紙を追っているのはAppleとのビジネスの問題で契約書だとかなんだとかを暗示。

「思い出」の部分はジョンとの思い出と捉えることもやはりできる。

でも、大半は妻リンダとの穏やかな休日を表現しているようです。

当時、リンダと娘と多くの時間を過ごすために、ニューヨークからイングランドに戻ったポールとリンダ。

ドライブでロンドンを出ると、リンダは「迷子になろう!」と提案する。

それは、彼女が子どものころに父親とよくやっていた遊びだった。

それで、どの標識も無視して走り続ける。

Two of us riding nowhere  どこでもないどこかへ 迷子になって私たちは往く

ポールは一本の木のある駐車場にクルマを停めて、詞を書き出した。

リンダと愛犬マーサは父親の邪魔をしないようにクルマから出た。

ポールがポストカードについて書いたのは、ポールとリンダがポストカードで何度も手紙を交換していたから。

「僕と君との思い出」は、リンダとの思い出であり、もしかしたらジョンとの思い出なのかもしれない。

ジョンいわく、そのころは誰もが革命の歌をうたっていたという。

そんなときにポールが書いた愛の歌、と捉えることもできる。

映像で観たい人はこちら


Let It Be [DVD] [Import]

Similar Posts: