直訳歌詞

ワイルドスピードが生んだ名曲 See you againの本当の意味 歌詞直訳

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

同じメンバーで何十年も同じ映画を続けていると、そのうちの一人が亡くなったときに猛烈な哀しみが観客に降り注ぐ。

そんな希有な体験をもたらしたのが、映画『ワイルドスピード』シリーズと主演のポール・ウォーカーの死だ。

2001年、ドラッグ・レースを描いた『ワイルド・スピード』第一作は、まだフィルム感の残るB級映画だった。

今はデジタル化以降、圧倒的なハリウッドA級ムービーとなったが、7作目『スカイミッション』の撮影途中で交通事故に亡くなったポール・ウォーカー。

物語の最後まで兄弟の演技とCGで、撮影に最後まで参加したように感じることができたが、ラストシーンはポールのためだと誰もが感じることができるものだった。

もう一人の主人公ドム(ヴィン・ディーゼル)が一人車で帰ろうとして、交差点で止まっているとき、ポールの愛車スープラがとなりに停まる。

「さよならも言わないでいくのか?」

と問いかけるポールの顔は、今までのシリーズを観ている人にとっては何度も観たようなシーン。

「CGだ」とすぐわかるのが、「亡くなった彼がさよならを言いに来た」ように気づかせるのだった。

ヴィン・ディーゼルは、ポールがもうこの世にいないを知った上で、そこにいる。

それがまた悲しい。

 

そういった事情を踏まえて、そのときに流れる名曲『See you again』の歌詞を直訳と意訳で読み解く。

 

It’s been a long day without you, my friend
長い日になってしまったよ。君なしで。親友よ。
And I’ll tell you all about it when I see you again
それに、また会ったら、そのことについて全部話すよ
We’ve come a long way from where we began
俺たち、長い道を来たな。始まった場所から。
Oh I’ll tell you all about it when I see you again
また会ったら、そのことを全部語るよ
When I see you again
また会ったら
——
まずはここまで。
亡くなったポールに歌っているとすれば、
「また逢えたら」としたくなるところ。
でも、この歌詞にはそういうニュアンスはなく、「また次に逢えたら」という意味になっている。
もちろん日本語では「また逢えたら」という意訳にはなる。
これは、この部分を作ったチャーリー・プースが、もともと彼の亡くなった友人に向けて書いたものだからだ。
仮定法にしていないのは、英語は気持ちで文ができるものだから。
仮定にすると逢えないことを前提とするものになり、生きている人のように「また次に逢えたら」という文にすることで、「君はもうなくなったけど、また会える」という気持ちを強くあらわすことができる。
I’ll というのがI would じゃないのも、実際は会えないけれど、気持ちをこめてI’llとなる。
英語はこういう表現が多く、実際のことを大事とする日本語とは違う。
それでも、最後にもう一度 When I see you again  と入ることで、「もし逢えるのならば」という仮定的な気持ちが入ってくる。
亡くなった人に向けた言葉なのだと。
また、「君なしで長い日になった」という歌詞に関しては「今度会ったときは、その長くなった理由について、いろいろ話したいよ」という意味。
——
※ここからラップ ポールに語りかけるようなシーン
Damn, who knew
くそ、誰が知ってる?
all the planes we flew
俺たちが飛び降りたすべての飛行機を
Good things we’ve been through
俺たちが通って(経験して)きた素晴らしいこと(思い出)を
That I’ll be standing right here
俺がここ(思い出の場所)に立つだろうことを
Talking to you ‘bout another path
もう一つの道(生き方)についておまえと話しながら
I Know we loved to hit the road and laugh
俺は知っている 俺たちが出かけ、笑いあうことが好きなことを  ※hit the road 出発する、出かける
But something told me that it wouldn’t last
だが、何かがそれは長く続かないと俺に語ったんだ
Had to switch up
切り替えなきゃな
look at things different,
物事を違った視点で観ろ
see the bigger picture
大きな画で観るんだ
Those were the days hard work forever pays   ※hard work is worth it because it benefits you  努力は無駄にはならない
あのころは努力が永遠に報われる日々だったよ(あのころは無駄じゃなかった)
now I see you in a better place
今は君がいい場所にいるとわかる
How could we not talk about family when family’s all that we got?
どうすれば家族について話さずにいられるんだ もし家族が俺たちが手に入れたすべてなら
Everything I went through you were standing there by my side
俺が通ってきたすべてに、君は俺の味方だった
And now you gonna be with me for the last ride
さあ、俺と最後の走りにいこう
—-
It’s been a long day without you, my friend
And I’ll tell you all about it when I see you again
We’ve come a long way from where we began
Oh I’ll tell you all about it when I see you again
When I see you again
—-
※ここからポールが生きている親友に語りかける
First you both go out your way
最初は二人、違う道を往っていた
And the vibe is feeling strong
そしてバイブは強くなり、
and what’s small turn to a friendship, a friendship
その小さなことはフレンドシップへと変わっていった フレンドシップに
Turn into a bond and that bond will never be broken
絆へと変わっていった 決して壊れない絆へ
 and the love will never get lost
そして愛は決して失われない
And when brotherhood come first then
そして、最初に兄弟が来るとき
the line will never be crossed established it on our own
線は決して交わらず、独立している
When that line had to be drawn
そのライン(それぞれの映画の完成という説も)が描かれなければならないとき
And that line is what we reach
そのラインは俺たちが辿りつくもの
So remember me when I’m gone
だから俺が去ったときは、俺を思い出してくれ
—–
So let the light guide your way
だからその光に君の道を照らさせて
hold every memory
すべての思い出を抱きしめて
As you go and every road you take will always lead you home
君が行くときは、君の選ぶすべての道が君を家にいつも導くだろう
—–
少し訳が難しいのは
How could we not talk about family when family’s all that we got?
どうすれば家族について話さずにいられるんだ もし家族が俺たちが手に入れたすべてなら
ここだが、whenはifに置き換えられる。if family is all  「もし家族がすべてなら」
なので、すべてのラップパートに言えることだが、正しい文法ではなく、それを崩すことでラップの雰囲気を出している。
正しくすれば、
How can we not talk about family if family is all that we have?
となるが、we got のほうがワルっぽくていい。
また、最初の方のall the planes we flew以下を「世界を飛び回った」と訳す人がいるが、これは3つのことを誰が知っているんだ? ということなので、「飛行機」「良いこと」「立つこと」それぞれが独立している。

all the planes we flew

は、スカイミッションで飛行機から飛び降りたことを言っているのかもしれない。

そのミッションのあとに、家庭に入って刺激をなくし、悶々としていたブライアン(ポール)にドムが話しかけるシーンがあり、「おまえは飛行機から飛び降りた」という台詞がある。

Similar Posts: