教師を殴る蹴るの小学生女児 IQは130。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2329746/Charlotte-8-IQ-130-perfectly-behaved-home---expelled-THREE-schools-attacking-teachers.html

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2329746/Charlotte-8-IQ-130-perfectly-behaved-home—expelled-THREE-schools-attacking-teachers.html

 

彼女、シャーロット・テイトはIQ130。

現在8歳だが、すでに学校を三度も退校になっている。

原因は、教師への暴力。

髪を引っ張り、平手打ち、噛む…。

 

家では大人しい娘なのに、なぜ学校ではこうなのか。

両親はシャーロットが、アルペルガー症候群ではないかと考えている。

彼女が教師に暴力を振るうとき。





それは決まって、彼女が’「自分の話を聞いてくれない」と感じたときだ。

 

そのとき彼女はブチぎれる。

 

しかし、学校は通常の子と同様に扱い、退学となる。

両親によると、家ではアグレッシブなことはないという。

家ではまわりが話を聞いてくれるし、理解されていると感じているからだ。

 

学校としても、どこからがアスペルガーで、その場合どうすればいいのか、まったく対処ができない。

 

学校のリポートでは、シャーロットが怒り出すと、ありとあらゆるものを使って人を攻撃するという。

投げるものがなくなれば、椅子を持ち上げる。

 

もう教師に打つ手はない。

 

日本をはじめ、先進国ではアスペルガーに対する関心は高まっているが、もし理解のない国では、重度アスペルガーの子はどのような扱いを受けているのか…。

 

 

 

Similar Posts: