マンデラの孫マンドラが望む「マンデラの墓」という観光資源

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2355204/Vultures-deathbed-Digging-childrens-bones-Grotesque-greed-In-bitterest-ironies-family-Nelson-Mandela--man-high-ideals--emerging-thoroughly-unpleasant-people.html

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2355204/Vultures-deathbed-Digging-childrens-bones-Grotesque-greed-In-bitterest-ironies-family-Nelson-Mandela–man-high-ideals–emerging-thoroughly-unpleasant-people.html

 

マンデラ家の家長は、ネルソン・マンデラの孫、マンドラだ。

彼はマンデラ遺産センターを建て、観光名所として一儲けしようとしている。

 





その場所はマンデラが生まれ育ち、最後の地に選んだ(まだ死んではいない)土地ではないことから、一族間で争いが勃発している。

 

大部分の親族は当然、その故郷の地にマンデラは眠るべきだと思っているが、マンドラは関係のない遺産センターに墓を作ろうとしてるのだ。

しかも、その故郷にあるマンデラの子供たちの3つの墓を掘り起こし、遺産センターに移動しようとしている。

 

そのため、裁判所の関係者が捜査を開始した。

 

マンドラとしては、墓が遺産センターと違う場所にあっては、大きな収入ダウンだ。

人々はきっと、墓を目指す。

 

彼の野心的計画はおそらく、周囲の反対に耳を貸さずに進んでいく。

しかし、マンデラはまだ病床だ。

争うには早すぎる。

 

 

Similar Posts: