マンU選手がモイーズに三行半?

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.theguardian.com/football/2014/jan/08/manchester-united-players-manager-david-moyes-credentials-champions-league

http://www.theguardian.com/football/2014/jan/08/manchester-united-players-manager-david-moyes-credentials-champions-league

ガーディアンが出した見出しは「Manchester United players raise concerns over David Moyes credentials」。

これは、「マンUの選手がモイーズの監督としての資質について懸念を抱き始めた」という意味。

香川が出場しなかったリーグ最下位サンダーランド戦で1-2で負けるという衝撃と、公式戦3連敗という衝撃。

もはや、チーム不振は香川ら選手のせいだけにはできない事態になりつつある。

 

ガーディアンがリークしたのは、楽屋の内部情報。

トッテナムとスウォンジー・シティーに連敗し、楽屋では選手たちがモイーズの方針に疑問を抱き始めているというものだ。

ファンはとりあえず1995-96以来のチャンピオンズリーグ不出場を懸念しているが、選手はモイーズそのものに不満を抱き始めている。

具体的に選手の不満が外に出てはいないが、キャプテンのDFヴィディッチが、この夏に移籍を決めていると代理人が明かした。

マンUの話し合いにも応じない模様だ。

さらに、先月、FWウェルベックはモイーズの練習方法で揉めたらしい。

モイーズは彼に補習を求めたらしいが、ウェルベックが拒否したのだ。

 

12月にリオ・ファーディナンドは、優しく監督を批判した。

「試合の直前まで選手を発表しないので、ストレスがたまる」

 

モイーズ体制になって最初に批判したのはファン・ペルシだ。

しかし彼は怪我で戦列を離れている。

ルーニーもモイーズとの過去の確執が問題視されたが、彼は監督ではなく、チームを選んだ。

もしかすると、この偉大なストライカー二人は、じっくりとモイーズが失敗するのを待っているのかもしれない。

 

前シーズン、フェライニやヤヌザイ抜きで、このチームはリーグタイトルを手に入れた。

今は不甲斐ない試合にメディアが選手を批判している。

しかし、監督次第で選手は力を発揮できないのは明白だ。

インテルもモウリーニョがいなくなった途端、世界レベルから遠のいた。

 

香川が移籍するか、モイーズが解任されるか。

時期は迫っている。

 

Similar Posts: