マツダ・ロードスターベースのフィアット車は《Fiat 124 Spider》で決定。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://autoweek.com/article/car-news/fiat-124-spider-be-based-mazda-miata-platform

http://autoweek.com/article/car-news/fiat-124-spider-be-based-mazda-miata-platform

 

フィアットの新型スポーツカーの名前が《Fiat 124 Spider》になることは確実のようだ。

まず、《Fiat 124 Spider》という名前が北米で12月に登録商標されていたが、英メディア《Auto Express》がさきごろのジュネーブ・モーターショーでCEOに確認した。

フィアット・クライスラー・オートモービルズのCEOセルジオ・マルキオンネ氏への直撃インタビューで認めた。





もともと、マツダ・ロードスター(MX-5 Miata)をプラットフォームにアルファロメオに採用するはずだったが、それが変更になった(国外生産に難色を示したため)ため、《Fiat 124 Spider》でロードスターをベースにすることになったらしい。

 

《Fiat 124 Spider》はクラシックなネームプレートで、もともとは124をベースにした2+2のコンバチブル。

1966年から1985年まで製造された。4速マニュアルで、記事によると1438 ccDOHCの4気筒だった。

デザイナーはピニンファリーナのTom Tjaardaで、このレトロなデザイン(写真は66年のデビュー当時)が復活する予定。

ワールドワイドにセールスされるので、日本での発売も実現するのか。

 

イタリアでは今年ロードスターが発売され、2016年に124スパイダーが発売されるという順序。

エンジンは1.4ターボの「マルチエア」というアルファロメオ・ジュリエッタと同じものになるという噂もある。

アバルト・バージョン(北米ではフィアットとアバルトはブランドとして分離していない)では200psというので、日本版ロードスターより馬力がアップしている。

でも重さはやはりライトで1000kg以下にする予定のよう。

ヒストリックなネームプレートとシャシーの復活は、自動車ファンにとっては大歓迎だと思う。

 

 

 

 

 

Similar Posts: