「食物アレルギーは輸血で移る」という新説は本当か。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/health/article-3029609/Food-allergies-passed-blood-transfusions-Fears-children-s-lives-risk-phenomenon.html

http://www.dailymail.co.uk/health/article-3029609/Food-allergies-passed-blood-transfusions-Fears-children-s-lives-risk-phenomenon.html

 

私は食物アレルギーが酷い。

そばもりんごもマンゴーも駄目だ。

食べた場合、非常に重症となる。

 

だから、私は献血しないほうがいいらしい。

今、医師らによって「輸血による食物アレルギーの伝達」が警告されているのだ。





今までも稀に起こると言われていたらしいが、最新の研究によって、より頻繁に起こる可能性もあるという。

 

例がある。

カナダの医師が、8歳の脳腫瘍の少年を手術したが、彼には食物アレルギーがなかった。

しかし、輸血から2週間後、サケやピーナッツに酷く反応を起こすようになった。

 

ドナーを探すと、食物アレルギーのある人物だった。

そして、4ヶ月後のテストで、8歳の子の食物アレルギーは消えていた。

 

アレルゲンとなる免疫グロブリンE(immunoglobulin E)は、血小板を通じて輸血者に運ばれる。

必ずしもではなく、あくまで稀だと科学者は主張している。

また、共通して必ず数ヶ月後に症状は消えるという。

 

そのため、輸血後は食べ物に相当気をつけなくてはならない。

が、食物アレルギーの経験がない人には難しいミッションかもしれない。

 

私のような食物アレルギー持ちが献血をしないように体制を整えるしかない。

 

Similar Posts:






  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。