パリの開放型暖炉が無くなる?

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.france2.fr

http://www.france2.fr

 

イギリス・ロンドンでは昔、深刻な大気汚染があったが、その原因のひとつに各家庭の暖炉や石油ストーブがあった。

その後ロンドンでは規制され、大気汚染も改善された。

そして今、今パリで伝統的な暖炉が問題になっている。

 

実際、暖炉の問題は数字にあらわれている。

パリがあるイル・ド・フランス地方の12万5000の暖炉が出す粒子状物質の量は、250万台の自動車が出す量に匹敵するというのだ。

 

問題は量だけでなく、その粒子の大きさにもあるらしい。





細かければ細かいほど人間の体内奥深くに入り、毒性もある。

 

開放的ではない、ガラス窓式タイプなら問題は減るという。

 

イル・ド・フランス地方では、2015年までに暖炉の禁止を検討している。

 

 

 

Similar Posts: