史実を描いたロッホ・ローモンド(corries)の歌詞(原曲)の意味(アワライ アーカイブ)

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


スコットランドとイングランドの争いによる悲劇を歌ったロッホ・ローモンド。
歌詞はいくつかありますが、Corriesの歌うおそらく原曲に近い詩が見つかりました。
スコットランドの方言なので正確な訳はわかりませんが、他の詩に比べて史実をより忠実に歌っているようです。
「愛するドナルドが王チャーリーとともに戦いに行く」
この二人は花嫁・花婿だったらしく、花嫁は夢を見て、恋人の死を悟って泣きます。
夢の中で二人は一緒に立っているのですが、よく見ると彼の腕は冷たくなっていて、心臓から紫色の血を流していたのです。
最後の歌詞の部分は本当に悲しいですね。(訳はアワライによる直訳です。スコットランド語なので不正確ですがお許しください)
O wither away my bonnie (魅力的な) May (which direction) Sae late an’ sae far in the gloamin’ (so far in the dusk たそがれ) The mist(霧) gather grey(谷間) o’er moorland(地名ムーアランド) and brae (hill 丘) O wither sae far are ye roamin’?
枯れた冬の美しい丘は、ゆっくりとたそがれになり。ムーアランドと丘の谷間に霧がたちこめる。
この丘を君はどこまで歩いていくのか
O ye’ll tak(you’ll take) the high road an’ I’ll tak the low I’ll be in Scotland afore (before) ye For me and my true love will never meet again By the bonnie bonnie banks o’ Loch Lomond
君はあの高い道をいきなさい。
私は低い道をいき、スコットランドの土となる。
私と愛する人は、もう二度と、この美しいローモンド湖の丘で出会うことはないだろう。
I trusted my ain(own) love last night in the broom (bush 灌木、しげみ)
My Donald wha’ loves me sae(so)dearly For the morrow he will march(進軍する) for Edinburgh toon (town) Tae fecht(to fight) for his King and Prince Charlie
私は昨夜、しげみの中で、私の愛を信じていました。
私を心から愛してくれるドナルドは明日、王チャーリーとともに、エディンバラの町に向けて進軍します。
O well may I weep(泣いた) for yestreen(昨日) in my sleep we stood bride and bridegroom together But his arms and his breath were as cold as the death And his heart’s blood ran red in the heather
昨日は夢の中で泣き続けました。
花婿と花嫁は一緒に立っていました。
でも、彼の腕と呼吸は死んだように冷たくなっていて、彼の心臓から紫色の血が流れていました。
As dauntless(勇敢な) in battle as tender in love He’d yield(負ける) ne’er(never) a foor toe(つまさきで蹴る) the foeman (enemy) But never again frae(from) the field o’ the slain(殺された) Tae his Moira will he come by Loch Lomond
優しい愛のように勇敢な戦いで、彼は敵と戦った。
でも、彼は殺されてしまった。
彼の美しい織は、ローモンドに戻ることはない。
The thistle(thistle=アザミ、スコットランドの国花) may bloom(咲く), the King hae his ain (have his own) And fond(大好きな) lovers may meet in the gloamin’ And me and my true love will yet meet again Far above the bonnie banks of Loch Lomond
アザミは咲き、キングはそれを手にとる。
恋人たちはたそがれに出会い、
私と愛する人は、美しいローモンド湖の丘のはるか上で、また出会えるだろう。





Similar Posts: