ヨーロッパ最貧のスラムドッグか。 スロバキアのLuník IXスラム。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2486333/Kosice-won-51million-grants-named-Europes-Capital-Culture--thousands-Roma-children-living-slums.html

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2486333/Kosice-won-51million-grants-named-Europes-Capital-Culture–thousands-Roma-children-living-slums.html

 

51ミリオンポンド。

それが、スロバキアの都市インフラのために投資された額だ。

5100万ポンドだから、日本円で80億円。

European capital of cultureという助成金で、フランスのマルセイユとともに2013年度に選ばれた。

資金は都市インフラの他に、観光産業、クリエイティブ産業に使われる。

 

選ばれた都市は、コシツェ(Kosice)。

製鉄所などの重工業の都市だが、大学は3つあり、美術館や劇場もあり、脱重工業都市を目指している。

人口24万人、国際空港もある。

 

しかし、そのコシツェの、ある写真が注目を浴びている。

何千のロマの子供たちが暮らす、世界最貧レベルのスラムの写真だ。

 

郊外にあるそのスラムは、公共住宅らしき古びた建物がある場所。





ガス、水道、電気はほぼ通ってない。

約8000人が暮らしている。

 

写真の子供たちは汚れた服をまとい、ゴミの山に立つ。

建物は火事で燃えたのか、壁は黒く焦げ、部分部分が崩壊している。

 

ここはLuník IXと呼ばれるエリアで、もともとは2500人ほどの住民のために建てられた住宅だが、人口過密が進んだ。

近くにあったロマの集落が取り壊しにあってから、ロマの住民たちが移り住むようになった。

より大きな地図で Maash Maps を表示
今はスロバキアで最大のロマ・コミュニティだ。

子供たちは不潔な環境の中で、肝炎、アタマジラミ、下痢、疥癬や髄膜炎などが日常となっている。

また、

ここでのゴミ汚染によって近くを流れる川の水が汚染され、周囲の街への影響が見られている。

 

2013年度の助成金が決まったのは2008年。

今年すでに助成金はコシツェに届いているが、スラムはこの写真のままだ。

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts:






  
 

1 comment for “ヨーロッパ最貧のスラムドッグか。 スロバキアのLuník IXスラム。

Comments are closed.