年配者ほど一本橋(二輪教習)が苦手なのはなぜか?


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/table/maash.jp/public_html/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 179
Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

若い人ほど二輪免許の一本橋が得意で、それが30代、40代、50代となると苦手になるそうです。

本当でしょうか。そしてなぜでしょうか。

反射神経も原因のひとつかもしれませんが、こんな考え方もできます。

若手は自転車に乗り慣れていて、年配になるほど自転車から離れる。そして、自動車運転になる。

自動車運転とバイクの違いは何かというと、一番大きなのは頭の位置です。

クルマは頭をヘッドレストにつけて、後傾で乗ります。

頭がぶれないことで、酔いません。

カーブのときも、頭をつけたまま目線で舵角を決めます。

一方でバイクは、常に頭がお尻より前にあります(アメリカンをのぞく)。カーブでは頭から先に入っていくような感じもあり、左右にも動きます。

もしクルマで背もたれを立てて、カーブをするときに頭から入っていくように左右に動かすと、酔います。

おそらく、予想した動きにならないからだと思います。からだを動かしたところで、クルマは反応しない。バイクはする。だからクルマだと酔うのでしょう。

背もたれにもたれて座っている以上、からだはリラックスしていて、クルマを何時間運転したところで筋肉への刺激にはなりません。

動かすのは腕だけ。重ステでもないので腕の力もつきません。

このように、バイクとクルマは本当に違う動きが必要になってきます。

クルマの運転になれていると、からだでバランスを取ることを忘れています。

そして、後傾がちになります。

そのまま一本橋に入ると、腕が伸び、正しいハンドリングができなくなります。

一方で、自転車は曲がるときにバイクと同じように頭から入っていき、比較的前傾なので問題ありません。ハンドルの力の使い方も同じです。

なので、年配者で一本橋が苦手だと思ったら、まず前傾になっているかどうか確かめます。

そして、リラックスしてハンドルを握ること。

それだけで若者に少し追いつくかもしれません。

Similar Posts:

    None Found