教習所(二輪)が教えてくれない本当のリーンアウトとリーンイン

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

教習本には曲がるときに頭が内側に入るのがリーンインで、外側に出るのがリーンアウトと書かれている。

それは結果としてはそうだけども、実際は違う。

答えは、

バイクをなるべく倒さずに、重心が倒れるのがリーンイン

重心が真ん中に残り、バイクが倒れるのがリーンアウト

となる。

リーンインは、なるべくバイクを倒さずに曲がるための方法。昔はレースでハングオンという言い方をしていたが、それもバイクを倒さずに、なおかつ立とうとするバイクを抑えるためにやっている。※ハングオンはお尻もずらすからリーンインと違うという人もいるが、リーンインの一種だと考えるのが妥当。

白バイは倒すとぶるかる部分が多いのあまり倒せない。だから体をインに入れて重心を保つ。これもリーンイン。

ぐっと体を内側に入れるので、これだけがリーンインと思っている人がいるけれども、要するにリーンウィズという存在が微妙なのだ。曲がるには必ず頭の重心移動があるので、大げさにいうとリーンウィズはリーンインの一種と言ってもいい(反対意見多数を承知で)。

普通のバイクで教習所や公道で使うリーンインは、低速で曲がるときだ。

90度の曲がり角を1速や2速で曲がるとき。

まず、軽く倒して曲がることはできる。でも、あまりに低速だと、倒れてしまうので危ない。

だから、ハンドルを切って、バイクを立たせたまま曲がりたい。

なので、セルフステアリングにして目線移動をすると、ヘルメットと頭という重さを持つものが影響してバランスが崩れ、微妙にバイクが傾く。そして、目線のほうへ見事にハンドルがセルフで切れていく。バイクを立たせたまま、微妙な傾きで曲がっていく、それが低速リーンインだ。これはクランクで重要な技術となる。

一方で、アウトは教習所のスラロームで有効になる。

特長は、地面に対して体と頭が垂直に残ること。バイクだけが左右に倒れる。

リーンインはバイクを残すのに対して、リーンアウトは頭が残る。

そういう違いになる。

危ないのは圧倒的にリーンアウト。

バイクは倒れすぎると転倒するので、アクセルワークを失敗すると転倒する。

リーンインはバイクが残っているので安全だ。

Uターンはリーンアウトでやると面白いように曲がれるという人がいるが、バイクを倒しているので最後はしっかりスロットルを開かなくてはならない。でも、開いたら危ない! という状況に遭遇すると倒れる。実際は開いても大丈夫なのだけども、初心者にはまだそこの信頼関係ができていない。

リーンインの低速Uターンは、バイクを倒さず、目線を上手に移動していくだけ。

最後に少しスロットルを開いたほうがいい状況のときもあるが、たいていは安定してターンできる。

一本橋はリーンアウト、リーンインのどちらなのか。

バイクが傾いていない状態でまっすぐ目線を先にすると、頭はバイクのまっすぐ上にあり、セルフステアリングでハンドルは目標点に対して90度になる。推進力がある限り、まっすぐ走れることになる。

もしバイクが傾いて頭も一緒に動いても、目標点を見続けていれば、自然と復帰する。

それくらい目線の力は凄い。これは、ある意味リーンウィズに近いリーンインとも言える。

一方で、リーンアウトでバイクが傾いても頭を一本橋の真ん中に残すことができれば、理論上は復帰する。

学ばなくてはいけないのは、「低速でもアクセルワークでまっすぐ進むこと」だ。

傾いても動じず、アクセルを入れて復帰する。

これは頭で理解したあとに、何度もやらないと身につかないものなので、練習は必ず必要だ。

推進力をつけるとバイクが元に戻るという感覚をしっかり叩き込んで、信頼関係を作らないとできない。

また、低速にすることではじめてバイクは倒れようとするので、少し倒れてから復帰というのを繰り返さないと、意味はない。

それを体験するためのタイム設定がされているわけで、長いタイムを記録すればいいというわけではないのだ。

なので、一本橋で「ハンドルを切って耐える」という白バイのやり方は生徒にとってまったく意味がない。

また、私が実際に中型のときにやった半クラによるノーフットブレーキの一本橋も、テクニックとしてはいいかもしれないが、アクセルワークによる復帰体験の感覚を掴むための練習にはなっていない。

フットブレーキを使って少しバランスを崩させて、それでもハンドルを倒れた方向に倒させず、アクセルを少し入れる。それによって復帰してまっすぐ走れるという体験をしなくてはならないのだ。

それを踏まえた上での半クラは有効だ。フットブレーキの役割はクラッチを少し握ること。アクセルの役割はクラッチを少し開くこと。少し握ってギリギリのところまで耐え、少し離して復帰する。これを絶妙なタイミングでやるのが本物の鬼の半クラだ。

教習所ではとにかく、どんなときもバイクには推進力が必要なのだということを教えるべきだ。

低速で生徒が、初心者が倒れてしまうのは、そこが徹底されていないから。

いつでもどんなときでも、安定した推進力があれば、バイクは倒れない。

それがマニュアル操作が上手くいかないと安定しないので、あらゆる場面でどういうクラッチワーク、アクセルワークをすればいいのかを知らなくてはならない。

だからこそ、コーナー侵入前の上手なシフトダウン(ブリッピングも含めて)を教えるべきだと個人的には思う。

クランクも安定した半クラで通れば上手くいくが、学びにはなっていないのだ。

ちなみに、安定した半クラを完全にマスターすれば、確実にクランクはクリアできる。だからオススメされるのだ。

Similar Posts:

    None Found