「Minnie the Moocher」麻薬に溺れる少女の物語 歌詞直訳

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

映画コットンクラブの劇中で歌うこの「ハイディハイディハーイ〜」の掛け声がかっこいいので探してみました。
キャブ・キャラウェイが歌うこの「Minnie the Moocher」は、1930年の12月23日にレコーディングされたもの。たしかにコットンクラブでも1930年のシーンに登場します。
歌詞の内容はジャンキーに恋して落ちぶれていく女性を歌ったものだと解釈してみました。
直訳です。

 

Folks, now here’s the story ‘bout Minnie the Moocher,
おまえたち、さあミニーザモッカー(うろつきミニー、家出のミニー、宿無しミニー)の話をしよう

She was a red-hot hootchie-cootcher, (hooch アル中、cooch 下品な女性 )
彼女は赤毛でホット ホッティクッチャーさ

She was the roughest, toughest frail,
彼女はえらい粗暴で、気の強い尻軽で

But Minnie had a heart as big as a whale.
でも、ミニーはくじらのように大きな心があったのさ

Hi-de-hi-de-hi-di-hi!
Ho-de-ho-de-ho-de-ho!
He-de-he-de-he-de-he!
Ho-de-ho-de-ho!

 

Now, she messed around with a bloke named Smoky,
彼女はスモーキーってやつを好きになってやつの世話を焼いてまわった

She loved him though he was cokie,
彼はジャンキーだったけどもね





He took her down to Chinatown,
彼は彼女をチャイナタウン(阿片窟)につれていき

He showed her how to kick the gong around.
どうやって鐘を鳴らすか教えたのさ(どうやってヤクをやるのか教えたのさ)

 

 

Now, she had a dream about the king of Sweden,
彼女はスウェーデン王の夢があった

He gave her things that she was needin’,
彼は彼女が欲しがったものを与えたよ

He gave her a home built of gold and steel,
金と鋼の家を建ててあげたのさ

A diamond car with a platinum wheel.
プラチナの車輪のダイアモンドカーとね

 

 

Now, he gave her his townhouse and his racing horses,
彼は彼女に街の家と彼の馬をあげた(比喩だと思います 要想像)

Each meal she ate was a dozen courses;
彼女が食べた食事はどれもたくさん (麻薬?)

She had a million dollars worth of nickels and dimes,
100万ドルほどの価値のある5セント銅貨と10セント硬貨を持っていた

And she sat around and counted them all a billion times.
それで彼女は座って、それを10億回も数えるのさ

 

Poor Min, poor Min, poor Min.
かわいそうなミニー

 

 

Similar Posts:






  
 

1 comment for “「Minnie the Moocher」麻薬に溺れる少女の物語 歌詞直訳

Comments are closed.