オランダの一部で外国人の大麻使用を禁止か


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/table/maash.jp/public_html/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 179
Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://www.nydailynews.com/
オランダのコーヒーショップはいわゆる大麻ショップですが、外国人に限っては禁止の方向に動いています。
火曜日、オランダの法務省は、南オランダにおいて、地元住民を守るために、外国人のコーヒーショップ使用を1月1日から禁止すると発表しました。

デイリーニューズによると、対策はリンブルグ、北ブラバントとゼーラントの(南部)地方に限って施行され、そこではコーヒーショップが地元住民(18歳以上)のプライベートクラブのような存在になります。

オランダ政府が大麻の使用を認めたのは、1976年から。
0.18オンスの所持を認めました。
もちろん、これによって大麻所持で捕まる人は他の国に対して激減しているはずですが、アムステルダムなどを観光すると朝方の外はハイテンションな人々で若干うるさいです。

Similar Posts:

    None Found






  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。