テクノロジー

100歳の女性を支えているのは、ニンテンドーDSだった

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

http://abcnews.go.com/

スコットランドの100歳の女性キャスリーン・コネルさんは、年齢の割に頭がシャープ。
その理由は、どうやらDSのようだ。

両脚を切断されているにもかかわらず、彼女はしっかり一人暮らしを謳歌している。
片手にはニンテンドーDS。おそらくソフトは「脳を鍛える大人の〜」的なもの。

ソフトのトレーナーが言うには、彼女の脳年齢は64歳だという。

ABCの記事によると、彼女は脳を使い続けるのが好きなようで、やるたびに忘れっぽい自分に気づくとコメントしている。

彼女のように、高齢者のビデオゲーム体験は近年増加していて、アメリカではWiiによるボーリングのシニアシーグもあるらしい。

コネルさんがDSをはじめたのは94歳から。それ以来、80歳以上であることを感じた日はないそうだ。

Similar Posts: