旅と都市カルチャーShin-ku

ゴッホが画家になるのを決意した家が復活か

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://edition.cnn.com/

 

 

上の赤い家は、ゴッホが1878年から1880年に住んでいたベルギーの家。

BorinageのPetit Wasmesという町にあるこの家は、世界一有名な画家の家にしては放置度が凄まじい。

壁の塗装ははがれ、二階の窓はないのだ。

 

家のまわりは工業地域で、ゴッホはこの家で画家になることを決めたという。

 

自治体は、この空き家にやっと手を加えることを計画していて、ゴッホが住んでいたころに復元する予定だ。

 

村は貧しい地域でもあり、この観光施設が登場すれば相当な収入が見込める。

住民はこの家が素晴らしい観光価値があることを知らない人も多いらしい。

 

 

 

Similar Posts:

    None Found