旅と都市カルチャーShin-ku

17世紀、性と混沌のロンドン。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2118528/The-sexual-revolution-Forget-Swinging-Sixties-A-new-book-says-Moll-Flanders-Britain-makes-look-like-vicars-tea-party.html

 

上の絵はかつてのロンドン、コベントガーデン。

この絵のころ、居酒屋には売春制度がまだあったという。

1760年頃、ジェームズ・ボズウェルという作家の彼女はルイザと呼ばれる女優兼売春婦。

彼は一晩で「5回の歓喜」を味わったという。

 

そして、彼は17回の性病に感染し、1795年に尿路の合併症で死亡した。

 

記事によると、18世紀の社会は、セックスで溢れていたという。

1730年代、貴族や学者のグループは、ディレッタンティ(Dilettanti)と呼ばれるソサエティを作っていた。

彼らはヌードモデルを前に食事をし、その後は乱交パーティ。

 

西洋史では、婚姻外のすべての性交は違法であり、教会から追放されるか、死刑になるという。

そのため、ほとんどの人がそうならないよう、その抑制に努力したようだ。

女性は、性欲の抑制力が弱いとして非難されることも多かった。

 

ゆえに、この18世紀は、まさに革命。性の混沌期だ。

 

17世紀、人々は選ぶ自由を考え、態度を変えた。

性交は個人的な問題とされ、道徳観を教会に責められることはなくなった。

1750年には、同性愛をのぞいて婚外性交は合意であれば合法化された。

 

 

そうして、コベントガーデンでは飲み物メニューの他に、女性の名前を男たちは探した。

しかし、客には公爵クラスだっていた。

だから、売春婦がここで男と出会い、公爵夫人になることだってあったという。

 

 

 

 

Similar Posts:

    None Found