スポーツ

ロナウド、今季を振り返る ちょっと不機嫌に。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


インタビュアー「今シーズンは君にとってファンタスティックだったね。勝ち点100という記録達成。君とってのハイポイントは何?」
ロナウド「僕にとってのハイポイントは、レアルが優勝したこと。リーガで。それは初めてのことだったから嬉しかった。レアル・マドリッドでのベストな瞬間だと思う。個人的にも素晴らしかった。得点とかね。もっとも厳しいスペインリーグで、みんなも知っているようにバルセロナと競わなくてはならないリーグで、彼らを打ち負かした。9ポイントも差をつけて。アメイジングだよ。」

 

インタビュアー「人々はいつもバルセロナがこの惑星で一番強いと言うが、今君は、レアルが彼らより良かったと証明できると思う? 十分な功績を残したと思う?」

 

ロナウド「(ちょっと不機嫌に)僕らは彼らより良かったよ。今年は。確信している。1年前は誰も信じてなかったけど、終わってみると僕らのほうが良かった。僕らもグレイトチームだからね」

 

インタビュアー「ジョゼ・モウリーニョはスペインリーグも征服できると証明しにきたけど、人としての彼と、監督としての彼を教えてほしい」

 

ロナウド「人としては温かい人。ジョークをいつも言っている。やってきては面白い話をするんだ。素晴らしいよ。コーチとしては、全然違う。とても真剣で、プロフェッショナル。なぜ勝のか教えてくれる。僕の意見としては、彼は選手が何をすべきかわかっている。ベストを尽くすだけでなく、戦略、選手の調子、モチベーションの上げ方も全部」

 

インタビュアー「いつもメッシと比較されることについてはどう?」

 

ロナウド「ときどき疲れるよ。彼も同じだと思う。お互いに比較されてね、いつも。でも比較なんてできないんだ。それに、お互いに切磋琢磨していくのがいいんだ。ハイレベルでね。レアルとバルサが世界で一番だから」

 

インタビュアー「今シーズンは彼より良かった?」

 

ロナウド「僕がいいと言う人もいれば、彼がいいと言う人もいる。少し時代が過ぎてからこの時を振り返って、人々は評価を決めると思うよ。そのときは自分になると僕は思うけどね(笑)」

 

インタビュアー「チャンピオンズリーグ決勝はどちらが勝つと思った?」

 

ロナウド「みんなはバイエルンと予想してたけど、僕はそう思わなかった。チェルシーはバルセロナを破ったということを忘れちゃいけない。それはすごいタフなことだよ」

 

インタビュアー「バイエルン戦のペナルティキックを外したのはタフな体験だった?」

 

ロナウド「タフってほどじゃないよ…でも、正直言うと、今のところ僕のキャリアで最悪の瞬間だったね」

Similar Posts:

    None Found