旅と都市カルチャーShin-ku

ニューヨーク・ソーダ戦争

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

video platform
video management
video solutions
video player

 

ソーダを禁止しようとするブルームバーグNY市長の提案が議論を巻き起こしている。

アメリカでは肥満に対する予算が膨れあがり、肥満を減らすことこそが目下の課題。

そこで、1日3回飲むというあの大きな入れ物のソーダドリンクに対して、何らかの規制をしたいというのが行政側の考えだ。

 

日本ではそもそもビッグサイズはあまりないが、アメリカではどこでも飲めるような感覚だ。

ウーロン茶を飲むという発想はもちろんないので、コーラやペプシになってしまう。

 
規制がないまま、自然とこの文化が消滅し、健康飲料や小さいサイズのドリンクに人々が移行するならば社会としては問題ないが、その傾向はないようだ。
 

Similar Posts: