スポーツ

しかめっ面でもいいじゃないか クリロナ、自身の「傲慢」イメージについて語る。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

 

 

クリスチャーノ・ロナウドの勝ち気な性格を見ていると、おとなしいメッシがライバルだけにつらくなる。

なぜなら、ロナウドのイメージは「傲慢」と喧伝され、しかめっ面ばかりがメディアに掲載されるからだ。

 

実際、彼はそのイメージに悩んでいる。CNNの独占インタビューで、メッシのイメージは良くて、君のイメージは悪い。そのイメージが過去に高くついたことはないか? との問いに、

「それで泣きたくはないが、ときどきはイエスだ」

と答えた。

他にも、ちょっとそれを悲しむ彼の答えが。

 

「僕の性格を変えることは人々が許さないとも思う」

「僕がピッチで悪いイメージを持っていることは認める。シリアスすぎるからね」
「もし君と友達で一緒に時間を過ごせば、僕が失うのを嫌いな人間だというのを理解できると思う」

「私は過ちから学ぶ。それが人生だ。僕は確かにその犠牲者かもしれない。誰も本当の僕を知らないから」

「でもこれも僕の生活の一部。これが私だ」

モウリーニョはプライベートではスイッチを切って、誰も気づかないような状態になるという。
ロナウドもその気持ちが理解できるとして、「僕だってマクドナルドに行きたいんだよ」と答えた。
 

もしかしてすごく性格が良かったりして…。

 

 

 

Similar Posts:

    None Found