バニートーピンが嘆いた70年の音楽業界


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/table/maash.jp/public_html/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 179
Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


作詞のバニー・トーピンは、70年にすでにこの歌詞を書いていたそうです。
テーマは、70年代の音楽産業の風刺。
歌詞に架空のグループ「ベニー&ジェッツ」が出てきますが、エレクトリックミュージック、エレクトリックブーツ、モヘアのスーツ。
70年代初頭といえば、デビッドボウイが「ハンキードリー」「ジギースターダスト」を出したころ。
そして、「Let it be」をプロデュースしたフィルスペクターが、「ベニー&ジェッツ」にも出てくる「音の壁」というサウンドを作ったころ。
彼は麻薬に溺れ、レノンを銃で脅したり、最近は女優殺害容疑がかかったりという人。
他に、ピンクフロイド、ジミヘンが活躍しました。
麻薬、暴力、生き様なども含め、今となってはあこがれの時代ですが、当時の音楽界を生きる人にとっては、嘆かわしく思っていた人も多かったのでしょうか。

Similar Posts:

    None Found






  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。