直訳歌詞

マイケルの悲劇を暗示した悲しき「ビリー・ジーン」の歌詞の意味

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

スターゆえに起こる様々なスキャンダル。

この歌も過去のストーカー体験を基にして書かれたと言われているが、結果的にマイケル自身に起こった、いわれなき中傷、人生の悲劇を、象徴、暗示する歌となったのではないかと思えてならない。

以下、アワライ的直訳。

 

 

彼女は映画に出てくるようなビューティークィーン

気にしないでと言ったけど、僕が君の男だってのはどういう意味?

このフロアの輪で踊りたい男だと

彼女は僕がその一人だと言ったんだ。このフロアで踊る男だと。

 

彼女はビリー・ジーンと名乗り、彼女が出てくると

誰もが彼女と踊る男になりたいと夢見るような目をして、、みんな振り向いたんだ

人はいつも自分の行動には気をつけろと言っていた

若い娘の心を傷つけるようなことはするなと

母さんはいつも愛する人には気をつけろと

なぜなら、嘘が真実になるからと

ビリージーンは恋人じゃない

僕を恋人だと主張するただの人

子供も僕の息子じゃない

40日と40夜(聖書より)

法律は彼女に味方した

でも、誰が彼女の要求をのめるんだろう

彼女の企み、計画

「あのフロアで、私たちはダンスしたから」

だから僕の強いアドバイスを受け取って。いつものように考え直すことを思い出して。

彼女は3時まで踊ったときの子供だと言った。そして僕を見て

赤ん坊が泣いている写真を見せた。僕にそっくりな目。

人はいつも、自分のすることに気をつけろという

 

そして、若い少女の心を傷つきまわるなと。

 

彼女は来て、すぐそばに立ち

香水の甘い香り

それはすぐに起きた

彼女は僕を部屋に呼んだんだ

Similar Posts:

    None Found






  
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。