「ゴディバ」の名前の由来となった小さなイギリスの町


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/table/maash.jp/public_html/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 179
Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


大きな地図で見る

「世界ウィット遺産」(再放送)で先ほど紹介されたゴディバの名前の由来ですが、あれはイギリス、コベントリーの話です。
小さいすてきな町です。

11世紀、領主レオフリック伯爵の悪政に苦しむ住民を見かねて、妻ゴディバが税を軽くするようレオフリックに懇願しました。
レオフリックは妻に言い放ちます。「もし、一糸まとわぬ姿で馬に乗り、町をまわるなら悪政をやめよう」

レオフリックは当然、妻はそんなことできないと思っての発言でしたが、ゴディバは悩んだ末、聖霊降臨祭の次の金曜日に町に出ることを決意します。

住民は彼女の意志に心を打たれ、その日は家に閉じこもり、カーテンを閉めることにしました。

ゴディバはその日に、白馬に乗り、誰もいない町を裸でまわったそうです。

チョコレートの「ゴディバ」は、彼女の自己犠牲の精神をたたえたものです。

Similar Posts:

    None Found