車の大量生産が始まったところ デトロイト、ピケット通り工場


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/table/maash.jp/public_html/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 179
Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


大きな地図で見る
ベルトコンベアがデトロイトの車産業を変え、世界の車事情を変えました。
それは、フォード社のヘンリー・フォードのアイディアでした。
ピケット通り工場はフォード社の最初の組み立て工場。フォードT型車という大衆車がそこで生まれました。

フォードは流れ作業という方法を開発し、大量生産の時代を迎えました。
当時4000台しか生産されてなかった時代に、ベルトコンベアによって20万台という生産台数に迫りました。

デトロイトは日本車の登場によって荒廃。
失業率は全米ナンバーワンになり、犯罪が増えました。

今、デトロイトはビッグ3によって、自動車の歴史を知る観光地として生まれ変わっています。

Similar Posts:

    None Found