• 木. 2月 29th, 2024

Rem York Maash Haas

  • ホーム
  • WMAs、最も売れたアーティストにコールドプレイ

WMAs、最も売れたアーティストにコールドプレイ

20回目を迎えた「ザ・ワールドミュージックアワード(WMAs…

オバマ勝利でオプラ・ウィンフリー、ついにヒップホップを認める

アメリカでは司会者、億万長者として非常に有名なオプラ・ウィン…

”ママ・アフリカ”ミリアム・マケバが死去

サウス・アフリカン・ミュージックのレジェンドであるミリアム・…

ウィンブルドンのイギリス男性による伝統的踊り

スカボロー・フェアと並び、エイジレス・イングリッシュ・バラッ…

サイモン&ガーファンクルとアンディ・ウィリアムスがTVで競演していた「スカボロー・フェア」の映像

映画「卒業」で印象的に流れる名曲「スカボロー・フェア」。もと…

Saturday night をみんなで踊る 結婚式で

振り付けは全国共通なんでしょうか。 友人と二人で練習するSa…

シンプルなアイドルソング The Saturdays – Up

わかりやすくて、うたいやすい。イギリスのアイドルThe Sa…

スコットランド系10歳の少年の驚くべき絶唱 ダニーボーイ

10歳の頃のデクラン・ガルブレイスが歌うダニーボーイ。ガルブ…

誰が歌っても弾いても感動するダニーボーイを、アイルランドの少年少女が歌う。

プロムスから「ダニーボーイ」です。いつも北アイルランドの少年…

Loch Lomond ロッホ・ローモンド なぜか涙腺がゆるむ大合唱

BBCのボランティア番組(Children in Need …

ザ・プロムスでの「蛍の光」大合唱を観客席から撮った映像

ザ・プロムスは、イギリスで夏に行われるクラシックの祭りです。…

観客の大合唱につられてミスしたオアシスのリアム

オアシスのライブは英語圏ではいつも大合唱、アワライ状態です。…

他国による支配にたえて生き残ったグルジアの多声合唱(ポリフォニー)

グルジア紛争によってにわかに注目を集めているグルジア多声合唱…

The Oscillation – Head Hang Low

イギリスで少しずつ注目を集めているThe Oscillati…

アフリカの平和を夢見たボブ・マーリーのとある歌

アフリカよ、団結せよとメッセージを放つボブ・マーリーの名曲A…

ゲルマン・ガール・パンクが売れています。

アメリカ、イギリス、オーストラリア、ドイツ、アイルランドと、…

ロバート・プラントがツッペリン再結成に参加したくない理由

ツェッペリンの再結成ツアーに参加する参加しないともめているロ…

90年代、日本でもっとも観客の心に届いた歌

1995年の阪神淡路大震災によって生まれた名曲「満月の夕」。…

元祖反戦ソングのジョーン・バエズが芸能活動50周年 Joan Baez – It Ain't Me, Babe (Live 1965)

プロテスト・ソングの歌い手であるジョーン・バエズが、パフォー…

ミニバスでライブ 有名バンドに観客は3、4人のブリティッシュ企画

UKバンドのDelays、GUILLEMOTSなどのPVがY…

歌う人を助けて大合唱の感動的アンセム事件

ハンディキャップを持つ人が国歌斉唱の途中で観客からの応援を受…

カチューシャのイタリア語バージョン Fischia il vento

イタリア人なら誰もが歌える曲ということで「Bella cia…

脳の奥の方にインプットされる機能的サウンド Bloc Party – Mercury

ブロック・パーティの「Mercury」。一度聴いたらしばらく…

1939年頃のアメリカンフォークソングを録音した貴重な音源サイト

アメリカのブルースの原型といえば、南部のアメリカン・アフリカ…

紅の豚のあの歌も、パルチザンソングだった。

映画『紅の豚』で有名になった名曲「さくらんぼの実る頃」ですが…

イタリア人を奮い立たせるNo.1ソング

「Bella ciao」という歌は、ほとんどのイタリア人が歌…

日本人が歌わなくなった理由

カラオケボックスでは歌いますが、街角や家の中では歌わなくなっ…

ブルータス〜渡辺祐セレクト 歌しばりなし