チムチムチェリーの歌詞の意味 直訳

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

イギリスの古い昔話で、「煙突掃除人と握手をすると幸運が訪れる」という伝説を基にして作られた歌です。バーミンガムシティなどフットボールチームの応援歌としても歌われています。
以下、直訳です。

別頁にも書きましたが、「チムチムチェリー」というのは煙突掃除人と家の煙突の意味であるチムニーという言葉を使った言葉遊びです。

 

Chim chim-in-ey, chim chim-in-ey

Chim chim cher-ee!

A sweep is as lucky, as lucky can be

煙突掃除はやればやるほど幸運

 

Chim chim-in-ey, chim chim-in-ey
Chim chim cher-oo!
Good luck will rub off when I shakes ‘ands with you

グッドラック(幸運)は握手をしたときにこぼれ落ちて
あなたのもとへ

 

Or blow me a kiss and that’s lucky too
もしくは、僕に投げキッスして。それもラッキーだから。

 

 

Now, as the ladder of life ‘as been strung
はしごの上は緊張のしっぱなし

You might think a sweep’s on the bottommost rung
煙突掃除人は最下層の仕事だと人は思うでしょう

Though I spends me time in the ashes and smoke
煙と灰にまみれてすごしているけれど

In this ‘ole wide world there’s no ‘appier bloke
この世界中でこんなに幸せなやつはいないんだ

 





I choose me bristles with pride, yes, I do
プライドは心に満ちている、もちろん。

A broom for the shaft and a brush for the flume
煙突を掃いて、中をみがく

Up where the smoke is all billered and curled
煙がうずまく雲の上

‘Tween pavement and stars is the chimney sweep world
歩道と星の隙間には、煙突掃除屋の世界がある

 

When there’s ‘ardly no day nor ‘ardly no night
昼もなければ夜もない

There’s things ‘alf in shadow and ‘alfway in light
半分は影の部分があって、半分は光の部分

On the rooftops of London coo, what a sight!
ロンドンの屋根の上からの眺めは最高、なんて眺めだ!

 

Chim chim-in-ey, chim chim-in-ey
Chim chim cher-ee!
When you’re with a sweep you’re in glad company
煙突掃除屋といるときは、 元気な仲間といるようなもの

Nowhere is there a more ‘appier crew

Than them wot sings,

一緒にウィットなこの曲を歌えば、これ以上に幸せな仲間たちはいない

“Chim chim cher-ee, chim cher-oo!”
On the Chim chim-in-ey, chim chim cher-ee, chim cher-oo!

Similar Posts:






  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。