テクノロジー

米会社が小惑星のメタル資源採掘計画を発表

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.guardian.co.uk/science/2013/jan/22/space-mining-gold-asteroids
http://www.guardian.co.uk/science/2013/jan/22/space-mining-gold-asteroids

 

宇宙資源は早い者勝ちなのかーー。

石油は自分の領土から採掘するけれども、宇宙の小惑星のメタル資源は到達したものが採掘、販売する権利があるのかどうか。

ガーディアン誌によると、米ディープ・スペース・インダストリーズが、スペースクラフトを小惑星に向けて飛ばせる計画を発表した。

彼らはそこで資源を採掘し、地球で販売するという。

2015年にまず低コストの探査衛星を飛ばし、1年後にスペースクラフトで採掘に着手する。

会長のリック・タミリンソンは、「地球の文明を無限の宇宙に向けて拡大する」と声明を出した。

 

 

同じような野心的計画は、すでにグーグルCEOやジェームズ・キャメロンなどが支援しているPlanetary Resourcesも発表している。

 

今はまだそれらの計画自体を実現不可能とする人も多いが、いつか「この小惑星は俺のものだ」的な争いが発生すると、「宇宙資源に国境はない」といったささやかな夢も打ち砕かれる。

 

 

Similar Posts: