スポーツ

日本対イタリア戦 選手とザックに考え方の相違か。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

日本はまるでスペインのように執念深くポゼッションしていた。

ブラジル戦とは違い、イタリアをあしらうようにパスをまわしゴールに近づいていた。

むやみにシュートを打たず、じっと我慢していた。

スペイン対ウルグアイ戦でも見たのか。

相手選手二人の間にパスを通すという、スペインのようなパスが随所に見られた。

一進一退。

 

しかし後半、ザックはハーフナーを投入した。

ボールを放り込めといわんばかりに。

右サイドに入れたのは酒井。

 

サイドからハーフナーへという図式は明確ではあった。

 

スコアは3対3。

イタリアは走力を失い、日本は攻め続けた。

しかし、ボールをキープできない、もしくはポゼッションの意識のない酒井はミスを連発。

無駄なパスを出し、ボールを失い続けた。

 

最後はボールを見続けた酒井がフリーのジョビンコをカバーできず、失点。

 

酒井からハーフナーへ。という図式も見ることはなかった。

 

はたしてザックに、ポゼッションを高め、ボールキープ力の高いメンバーでゴールに近づき、パスで相手を翻弄するという考え方はあったのか。

ポゼッションのキモは、リードされていても、リードしていても、どんな場合でも同じようにボールをキープする。ということであり、戦い方を変えないところがポイントで、本田も香川も最後までその姿勢が見られた。

 

一方でザック采配はハーフナー。

3点目が遠藤のフリーキックから岡崎だったので、同じような風景を夢見たのかもしれないが、ポゼッションを高めるような采配ではなかった。

 

選手同士のミーティングがあったらしいが、いったいどういうことなのか。

ザック。

 

 

 

 

Similar Posts:

    None Found