旅と都市カルチャーShin-ku

「強盗の都」と化したカンヌ

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

31日、ピストルと手榴弾を持った二人組の強盗が、カンヌの高級宝石店に現れた。

完全武装した彼らは、難なく40個の高級時計を盗んで帰っていった。

 

28日には、ホテルにピストルを持った男が侵入し、1億3600万ドル相当のダイヤを強奪した。

 

二つの現場は同じストリート(海沿いのクロアーゼット大通り)で、800メートルほどしか離れていない。

そして、時間も同じ時間帯(午前10時30分)。

ここ数ヶ月では、4件目の宝石強盗だ。

 

なぜカンヌはこれほどまでに強盗が多発する町になったのか。

まず、カンヌは多くのセレブが集まり、買い物をする。

なのに、警備は手薄で、武装していない。

そして、海外に逃亡しやすい。

 

当然、警官をなぜ増員しないのかという市民の声があがっている。

今まで驚くべきことに、日中の警官の数はたったの20人だったが、今回の事件で2倍に増やしたという。

 

 

 

Similar Posts:

    None Found