ワールド

西ドイツ諜報機関、アドルフ・アイヒマンの機密資料4000件を保管

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

50 Years After Trial, Eichmann Secrets Live On

1960年、アルゼンチンでイスラエルの諜報機関モサドに拉致され、ホロコーストを指揮したとして死刑判決を受けたアドルフ・アイヒマン。裁判から50年が経ち、ドイツが保有する数千の彼の関する秘密ファイルの存在が問題になっています。

ニューヨークタイムズが、そのファイルの公開について記事にしています。
タブロイド紙によると、西ドイツの諜報機関は、1952年ごろ、すでにアイヒマンがブエノスアイレスに住み、生きていることを突き止めていました。
世界では彼がモサドに連行されるまで、生きているかどうかさえも知りませんでした。

ドイツ国民はその記事を見て騒然とし、4000もの他のファイルに関心を持ちはじめています。

ホロコーストを指揮したのは誰なのか。という疑問は未だ解決されておらず、「アイヒマンだった」というイスラエルの主張もすべての人が信じているわけではありません。

客観的な判断のために、アイヒマンの機密資料は公開されるべきなのかもしれません。

Similar Posts:

    None Found