ナチスが盗んだ金塊の販売にイングランド銀行が加担していた。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.theguardian.com/business/2013/jul/31/bank-of-england-and-nazis-stolen-gold

http://www.theguardian.com/business/2013/jul/31/bank-of-england-and-nazis-stolen-gold

 

今、ガーディアン紙がイングランド銀行(Bank of England)の闇を暴く報道をしている。
それは、ナチスがチェコから盗んだ金を、売る手助けをしたというもの。
70年以上の時を経て明らかになった。

 

火曜日、イングランド銀行がオンラインで公開したのは、「ナチスがチェコスロバキアに侵攻した際に盗んだ金塊を、イングランド銀行を通じて売ったという記録がある」というもの。





 

1930年代当時、チェコスロバキアはナチスの脅威に備えて、the Bank of International Settlements(BIS)いわゆるCentral Banker’s bankに金を預けていた。

そして併合があった1939年3月に、チェコ国立銀行からBISに預けられていた5.6ミリオンポンド(今のレート換算で8億円)がイングランド銀行を通じて、ドイツのライヒス銀行に移された。

そして、4ミリオンポンドはオランダとベルギーの銀行に、残りはロンドンで売られたという。

 

ナチスの財政を潤すことに、イギリスが荷担したというのは、国民にとって衝撃的な過去だった。
それらの闇の部分は1950年ごろに文書化され、最近になってデジタル化され、オンラインでの公開となった。

なぜそのようなことが起こったのかというと、当時ロンドンは国際金融センターとしての役割があり、銀行はそれを維持することのほうが、英国の国益だと思ったからだった。

ロンドンは国際金融センターとしての立場を守ることに必死だったが、ナチスとの戦争の果てに、その地位をNYに奪われた。

Similar Posts: