アナ雪「Let it go」 の英語歌詞をそのまま直訳

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


子供をターゲットにしているので超意訳のLet it go.

英語版で観たあとに日本語版を観るとやっぱり違和感があるので直訳した。

いつもそうだが、映画の場合は劇中の英語の台詞が生かされる場合が多い。

なので、和訳意訳はそこがなくなるので難しいと思う。

 

ちなみに、この直訳歌詞のカテゴリは、英語歌詞をそのまま訳すので、その上で歌詞の意味をそれぞれに考えてもらうというもの。

そのため、ちょうどいい、美しい日本語などを入れたりはしていない。

 

Let it go

 

The snow glows white on the mountain tonight
Not a footprint to be seen.

雪は今夜、山の白さを増す

足跡も見えないほど

(オフィシャル版の和訳

雪が山を覆う夜
足跡一つ残らない


A kingdom of isolation,
and it looks like I’m the Queen

孤立した王国、

そして私は女王のよう(ここまで自分はただ雪の山に迷いこんだ一人で、この時点でまるで「雪の女王」だというイメージが思い浮かぶ。そして、この歌の途中で「私は雪の女王」と宣言する。下のオフィシャル和訳だと、この時点ですでに宣言してしまっている)

隔絶された王国
私はその女王


The wind is howling like this swirling storm inside
Couldn’t keep it in;
Heaven knows I tried


風はうなっている 体の中でうずまく嵐のように(嵐とは魔法を生む恐れやパワーのこと。それをcouldn’t keep it inなので、下のオフィシャル和訳のように「苦しみ」ではない)
中に抑えられない 天は私がしようとしてきたこと(パワーを抑えようとしてきたこと)は知ってる

風がうなる
心の嵐のように
私の苦しみを天だけが知っている

Don’t let them in,
don’t let them see
Be the good girl you always have to be
Conceal, don’t feel,
don’t let them know
Well now they know

彼らを入れないで(城の外に人を中に入れないように自分に言い聞かせてきた言葉。劇中で何度も出てくる)

彼らに見せないで

いい娘でいて、あるべき姿で

 

隠して、感じないで(Concealも劇中で何度も言っていた言葉)

彼らに知らせないで

でも今、彼らは知った

 

秘密を悟られないで
いつも素直な娘で
感情を抑えて隠さなければ
でも知られてしまった



Let it go, let it go
Can’t hold it back anymore

 

放して、解き放して(つかんでいるものを放すときに言う言葉。魔法を抑えずに解き放つ)
これ以上、それをつかまえられない(封印しようとしていた氷の魔法をキープし続けられない)

これでいいの
かまわない
もう何も隠せない



Let it go, let it go
Turn away and slam the door

ときはなして

ふりむいて、ドアを閉めて

これでいいの
かまわない
過去に扉を閉ざすのよ


I don’t care
what they’re going to say
Let the storm rage on.
The cold never bothered me anyway

かまわない 彼らがなんと言おうと

嵐を起こすわ

あの寒さはもう私を困らせない(日本語版は「もう寒くないわ」だが、英語版は氷の魔法の寒さ「The cold」にもう悩まされることはないという意味。そして、雪の女王として堂々と自由に生きるという宣言)





もう気にしない
何よ言われようとも
嵐よ 吹き荒れるがいい
寒さなど平気よ

 

 


It’s funny how some distance
Makes everything seem small
And the fears that once controlled me
Can’t get to me at all

おかしいわ。距離がどんなにすべてを小さく見せてくれるか。

それに、かつて私をコントロールしていた恐れは、まったく私をつかまえられない

(fear(恐れ) は、トロルによって「fear will be your enermy  恐れは敵になるだろう」と忠告されていた)

遠くから眺めると
全てが砂粒のよう
恐れは遠く去り
もう私を苦しめない


It’s time to see what I can do
To test the limits and break through
No right, no wrong, no rules for me,
I’m free!

私ができることを知るとき

限界を試して、壁を突き破る

正しいも間違いも、ルールも私にはない。

私は自由!

怯えることなく
未来へと突き進む
善悪やルールに縛られずに
私は自由よ


Let it go, let it go
I am one with the wind and sky
Let it go, let it go
You’ll never see me cry
Here I stand
And here I’ll stay
Let the storm rage on

ときはなして

私は風と空と共にある女王(マトリックスのネオもone。なにかすごい人のことを言うので、おそらく女王)

ときはなして

もう泣いている私を見ることはないわ

私はここに立っている。ここにずっといる。

嵐を巻き起こすの

これでいいの
かまわない
風と空は私のもの
これでいいの
かまわない
二度と涙は流さない
自分の道を行く
ここは私の王国
嵐よ 吹き荒れるがいい


My power flurries through the air into the ground
My soul is spiraling in frozen fractals all around
And one thought crystallizes like an icy blast
I’m never going back, the past is in the past

私の力は大地と空気を通して揺るがす

魂はまわりを囲む氷の結晶(フラクタルは同じ形が連続しているもの。氷の結晶がその中で最も近いイメージ)の中でスパイラル(らせん状にぐるぐるするイメージ)して、

ある思いはアイス・ブラスト(氷爆弾)のように結晶化する

絶対に戻らない。過去は過去。

私のパワーが大気と地に満ちる
氷の図形のように
私の魂が広がる
結晶となって
想いが形作られる
二度と戻らない
過去はもう過ぎたこと

 

 


Let it go, let it go
And I’ll rise like the break of dawn
Let it go, let it go
That perfect girl is gone
Here I stand
In the light of day
Let the storm rage on

ときはなって

そして、私は目覚める 夜明けのように

ときはなって

パーフェクト・ガールは去り

私はここに立ってる

日の光の中で(部屋に閉じこもっていない)

嵐をひきおこすわ

 

 

The cold never bothered me anyway!

The cold は決してもう私を悩ませない!

 

これでいいの
かまわない
新しい夜明け
これでいいの
かまわない
理想の娘はもういない
私の道を行く
輝く光を受けて
嵐よ 吹き荒れるがいい

寒さなど平気よ

 

 

 

 

 

日本語版の歌詞

 

降り始めた雪は足あと消して
真っ白な世界に一人の私
風が心にささやくの
このままじゃダメだんだと
戸惑い傷つき誰にも打ち明けずに
悩んでたそれももう
やめよう

ありのままの姿見せるのよ
ありのままの自分になるの
何も怖くない
風よ吹け
少しも寒くないわ

悩んでたことが嘘みたいで
だってもう自由よなんでもできる
どこまでやれるか自分を試したいの
そうよ変わるのよ

ありのままで空へ風に乗って
ありのままで飛び出してみるの
二度と涙は流さないわ

冷たく大地を包み込み
高く舞い上がる思い描いて
花咲く氷の結晶のように
輝いていたい。もうきめたの

これでいいの自分を好きになって
これでいいの自分信じて
光、浴びながらあるきだそう

少しも寒くないわ

ーーーー

「少しも寒くないわ」という言葉には、英語版のように「女王として生きる」という意思が感じられない気がする。

Similar Posts: