サイエンス

乳幼児と親が一緒に寝ると、突然死の確率は5倍に。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2399238/Co-sleeping-new-parenting-fad-experts-fear-KILL-baby.html
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2399238/Co-sleeping-new-parenting-fad-experts-fear-KILL-baby.html

 

イギリスでは毎年300人の乳幼児が突然死症候群で死亡しているが、もし両親と同じベッドで寝ている場合、その確率は5倍になる。

 

スザンヌ・モリスとジョージの二人は、二ヶ月の息子と午前2時に同じベッドで寝た。

スザンヌが目を覚ましたとき、隣にいたはずの息子はいなかった。

パニックになって探したが、足下の羽毛布団の下にいた。

 

命に別状はなかったが、そのときのことを考えると冷や汗が出るという。

睡眠中に無意識に彼を押してしまったらしい。

 

乳幼児突然死症候群SIDSは、本当に突然やってくる。

タバコを吸わなかったり、アルコールをとらない勤勉な両親も、大事に扱おうとする共同睡眠によって、死をもたらしてしまうのだ。

 

保健省のガイドラインでは、最初の6ヶ月間は別のベッドで寝るように指導しているが、50パーセントはベッドを共有している。

専門家は赤ちゃんにとって大人のベッドは危険で、布団の下で暑くなり死亡するか、圧死する可能性があるという。

 

5年間の1500件のSIDSを調べると、その88パーセントは別のベッドにしていれば起こらなかった可能性があるという研究結果が出た。

 

日本ではうつぶせが突然死の大きな理由の一つとして、推奨されていない。

 

 

 

 

Similar Posts: