Music アワライ Our Live

大晦日は「蛍の光(Old Lang Syne)」で。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

映像は「蛍の光」が誕生したエディンバラのお祭りで歌われる「Old Lang Syne」。
大晦日はやっぱりこの曲ですね。

バーンズの詩
1
Should auld acquaintance be forgot,
and never brought to mind ?
Should auld acquaintance be forgot,
and auld lang syne ?
CHORUS
For auld lang syne, my dear,
for auld lang syne,
we’ll tak a cup o’ kindness yet,
for auld lang syne.
2
And surely ye’ll be your pint-stoup !
And surely I’ll be mine !
And we’ll tak a cup o’ kindness yet,
for auld lang syne.
(CHORUS)
3
We twa hae run about the braes,
and pou’d the gowans fine ;
But we’ve wander’d mony a weary fit,
sin’ auld lang syne.
(CHORUS)
4
We twa hae paidl’d in the burn,
frae morning sun till dine ;
But seas between us braid hae roar’d
sin’ auld lang syne.
(CHORUS)
5
And there’s a hand my trusty fiere !
And gies a hand o’ thine !
And we’ll tak a right gude-willie waught,
for auld lang syne.
(CHORUS)
1
旧友は忘れていくものなのだろうか、
古き昔も心から消え果てるものなのだろうか。
コーラス
友よ、古き昔のために、
親愛のこの一杯を飲み干そうではないか。
2
我らは互いに杯を手にし、いままさに、
古き昔のため、親愛のこの一杯を飲まんとしている。
(コーラス)
3
我ら二人は丘を駈け、可憐な雛菊を折ったものだ。
だが古き昔より時は去り、我らはよろめくばかりの距離を隔て彷徨っていた。
(コーラス)
4
我ら二人は日がら瀬に遊んだものだ。
だが古き昔より二人を隔てた荒海は広かった。
(コーラス)
5
いまここに、我が親友の手がある。
いまここに、我らは手をとる。
いま我らは、良き友情の杯を飲み干すのだ。
古き昔のために。
(コーラス)
出典:Songs from Robert Burns, published in Great Britain by Collins Clear-Type Press in 1947(ウィキペディアより)

Similar Posts: