テクノロジー

Googleが「話す靴(The Talking Shoe)」を開発。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://abcnews.go.com/blogs/technology/2013/03/sxsw-googles-talking-shoe-motivates-you-to-move/
http://abcnews.go.com/blogs/technology/2013/03/sxsw-googles-talking-shoe-motivates-you-to-move/

 

これはGoogleが開発した「The Talking Shoe」というものらしい…。

メガネの次はスニーカーなのだろうか。

 

アディダスと共同開発したこのシューズは、コンピュータはもちろん、ジェイロスコープ、スピーカー、加速度センサ、圧力センサ、Bluetoothが搭載されている。

シューズが集めた情報はスマフォに送られるという。

ジョギングが好きな人にとっては、靴自体がコーチになってくれるようだ。

 

また、有名選手がこれを履いた場合、走るスピードなどの情報がソーシャルメディアに送られ、共有されるといった楽しみがある。

このビデオにあるように、この靴は「話す」。
ので、街中では少々うるさい。電車の中では話してほしくない。

 

メガネに比べるとインパクト薄感あり。

 

ちなみに、このシューズはグーグルの広告イノベーション・プログラム「Art, Copy and Code」によるもの。
広告にコードを加える。といった実験的プロジェクト。

 

http://www.artcopycode.com

靴が集めた情報によって人の個性を分析し、広告を配信するというコンセプトはメガネと同じ。
プライバシーはやはり共有化へと向かうのか。

Similar Posts:






  
 

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。