スポーツ

ファーガソンの将来について発表か。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.guardian.co.uk/football/2013/may/07/sir-alex-ferguson-manchester-united
http://www.guardian.co.uk/football/2013/may/07/sir-alex-ferguson-manchester-united

 

マンチェスター・ユナイテッドの監督、アレックス・ファーガソンはNYに別宅を持ち、元バルサ監督のグアルディオラもNYに住んでいた。

アレックスはグアルディオラにマンUの将来を任せたいと考えていたが、彼はバイエルンを選んだ。

 

ならば、マンUの未来は誰が担うのか。

 

火曜日の夕方、突然ファーガソン監督のポジション、未来について、何か発表があるとの噂が流れた。

しかし、発表は何もなかった。

 

ファーガソンはあと1年は監督をやると考えたいところだが、ここに来てモウリーニョ監督の就任も噂されてきた。

彼がイングランドに戻ってくることは確かだが、だとすると筆頭候補は古巣のチェルシーだ。

 

しかし、モウリーニョはファーガソンを尊敬し、よく食事もしている。

そして、マンUにとっては、チャンピオンズリーグで戦える監督が欲しい。

 

火曜日、マンUの選手とコーチたちはゴルフを楽しんでいた。

そして、「夕方に何らかの発表があるから準備するように」と伝えられていたという。

 

モウリーニョの他に噂されているのは、ドルトムントのクロップ、マラガのペジェグリーニだ。

長期政権を目指せば目指すほど、時期監督選びは慎重に成らざるを得ない…。

 

Similar Posts: