旅と都市カルチャーShin-ku

スウィーニー・トッドの看板が見つかったフリート・ストリート

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan


大きな地図で見る
架空の人物と言われているロンドンの殺人理髪師スウィーニー・トッド。
映画化されているので彼がどんなに恐ろしいことをしたかご存知の方も多いはず。

新聞街と呼ばれるフリート・ストリートの186番地にその理髪店はあった。というのが物語ですが、20世紀に入ってある発見がありました。
フリート・ストリートの154番地で建物の取り壊しをしていた一人の労働者が、「理髪店スウィーニー・トッド」という看板を見つけたのです。よく調べてみると、その建物には隠し扉が…。

それが本当にスウィーニー・トッドのものだったのかどうか。
未だに真実は解明されていません。

Googleマップで見てみると、フリート・ストリートはビルの中に。
取り壊しのあとに建設されたのでしょうか…。

Similar Posts: