テクノロジー

グーグルグラスをしている間、その行動はグーグルがすべて把握しているのだ。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://edition.cnn.com/2013/02/25/tech/innovation/google-glass-privacy-andrew-keen/index.html?hpt=hp_c1
http://edition.cnn.com/2013/02/25/tech/innovation/google-glass-privacy-andrew-keen/index.html?hpt=hp_c1

 

Googleは悪気があるわけではないが、EUのデータウォッチドッグから、ユーザーのプライバシーを守るよう圧力をかけられている。

しかし、その訴えが提議されてから48時間後、そんな問題も吹っ飛ぶような新テクノロジーを発表した。

グーグルグラスだ。

 

25日のCNNの記事によると、このメガネは自動的にすべての写真を撮るので、使っている間のユーザーの行動がすべて記録されるという。

ウォッチドッグが懸念していたのは、広告検索によるユーザーの趣向をグーグルがデータとして活用していることだが、このグラスのデータをグーグルが管理することとなれば、それ以上の脅威を持つプライバシーデータとなる。

 

しかし、ウェアラブル・コンピュータは進化をし続けていて、ユーザーの行動のフィードバックによってもたらされる恩恵も大きい。

Fitbitのようなデバイスは、医療業界に革命を起こし始めているという。

 

グーグルグラスの場合は、事前に設定された間隔で、写真を撮る自動撮影モードになる。

たとえば5秒ごとに設定すると、その都度データはグーグルに送られ、それに適した広告データや情報が送り返される。

グーグルはその広告で数十億ドルの利益を得るのだ。

 

行動がすべて監視され、のぞき見されるのも気持ち悪いが、もう一つ、カメラ機能の問題もある。

スマフォでは撮影時に音が出るように設定されているが、グーグルグラスではどうなのか。

たとえ音が出るように設定されているとしても、夏のビーチにグーグルグラスをかけている人は要注意となる。

 

また、なによりも懸念されるのは、そういった問題があっても、使いたい人々が大勢いるほど、魅力的なデバイスだということだ。

Similar Posts: