Loading
Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2350600/Treasures-Peruvian-royal-tombs-Archaeologists-unlooted-tomb-ancient-Wari-civilisation-queens-buried-alongside-golden-jewellery-human-sacrifices.html
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2350600/Treasures-Peruvian-royal-tombs-Archaeologists-unlooted-tomb-ancient-Wari-civilisation-queens-buried-alongside-golden-jewellery-human-sacrifices.html

 

 

インカ帝国の前にアンデスを支配していたのは、ワリ帝国。





首都リマから車で 4時間のところにあるエル・カスティーリョ・デ・ホウメイには、「死者の寺」があり、財宝を狙う略奪者のターゲットになっていたが、最近まで幸運にもいくつかのミイラが発見された。

それこそが、ワリ帝国時代のものだった。

 

ミイラは3つあり、すべてが女王のもの。

金と銀の飾りなども発見された。

 

そして、同時に発見されたのが、写真のフラスコ。

このセラミックのフラスコは現代にも通用するようなイラストチックなかわいい人間が描かれているが、これはワリ帝国の領主(a Wari lord)だ。

1200万年前のものだが、色使い、線の太さとセンス抜群。

アメリカのギャグアニメっぽくもある。

 

彼の目をじっと眺めてみてほしい。

領主はきっと、いい人だったに違いない。

 

Similar Posts:






  
 
Top