サイエンス

1万4000年前の墓に花を手向けた跡。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2353484/Scientists-discover-oldest-grave-flowers-14-000-years-ago--dead-buried-mint-sage.html
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2353484/Scientists-discover-oldest-grave-flowers-14-000-years-ago–dead-buried-mint-sage.html

 

イスラエルにある1万4000年前の先史時代の墓。

そこに、二人の遺骨があるが、そばには三本の線。

これは、セージやミントなどの香草、花が一緒に添えられてある跡だった。

 

お墓に花を添えるという風習が、これほど昔からあったという証拠だ。

しかし、実際の用途は少々違ったようだ。

これは、遺体の悪臭を防ぐのが主な役割で、ねずみなどが墓を掘り起こすのを防ぐ役割もあったという。

 

この墓が発見されたのは、地中海側のRaqefet洞窟で、1万3700年前から1万1700年前の墓が集まる埋葬スポット。

29の骨が見つかっていて、セージ、ミント、ゴマノハグサなどの草花の埋葬跡も発見された。

 

香りによって臭いを消す。というのはもっともだが、花は宗教的に精神をつなぐものとしても考えられていて、今と同様に悲しみながら手向けた可能性もある。

Similar Posts: