Music 旅と都市カルチャーShin-ku

フィオナ・アップルがブルックリンでライブ

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

6月に4枚目のアルバムをリリース予定のフィオナ・アップル。
彼女は金曜日、ブルックリンのウィリアムズバーグでライブを行った。

http://www.nytimes.com/2012/03/26/arts/music/fiona-apple-at-music-hall-of-williamsburg.html?_r=1&hp

 

ニューヨークタイムズは、彼女はブルースシンガーであり、キャバレーの歌い手であり、ざんげするロッカーである。と彼女を表現した。

彼女は自身の過酷な体験を歌にしたり、実生活そのままの歌をうたって泣くなど、エキセントリックな一面を持つ。

発言や行動も話題になることが多く、それが売り上げに一役買っているのは確かだ。

 

2005年、彼女のファンはニューヨークのミッドタウンにあるソニービルディング前に集まり、アルバムを制作するソニー、レーベルのEpicに対して抗議した。
彼女のクリエイティビティを尊重し、邪魔をするなと。

 

これは、ソニーの重役に渡されたマスターが、2年もの間お蔵入りになり、その一部の曲がネットに流出して話題になったため。
ファンは「フリー・フィオナ」キャンペーンを行い、リリースを訴えたのだった。

 

実際はフィオナが再制作を求めてソニーともめて、フィオナ自身が制作を止めていたものだったが、このアルバムは初登場7位と、結果的に好成績を残した。

 

そして、デビューからは早16年。次回作のアルバム名はひたすら長い。
「The Idler Wheel is wiser than the Driver of the Screw, and Whipping Cords will serve you more than Ropes will ever do」

 

今回の制作はレーベルと揉めなかったのかどうかは不明だが、常に話題をふりまく彼女だけに、今回もネット上で騒ぎが起こるかもしれない。

 


大きな地図で見る

マンハッタンの超一等地にあるソニー・エンターテイメント。セントラルパークもすぐそこ。

 

 

今日、月曜日は、ロウワーイーストサイドのBowery Ballroomでライブがある。

大きな地図で見る
小さなショップが集まるオーチャードストリートも近い。

Similar Posts: