世界の最新ミステリー

アタリのゲーム『E.T.』埋葬伝説の真相が明らかに?

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://abcnews.go.com/blogs/technology/2013/06/new-mexico-city-hopes-to-unravel-atari-et-burial-legend/
http://abcnews.go.com/blogs/technology/2013/06/new-mexico-city-hopes-to-unravel-atari-et-burial-legend/

 

昔の低解像度ビデオゲームに熱狂した人々にとって、当時のゲームはすべて特別以上の何かがある。

そして今、当時売れ残ったはずのゲームが注目を集めているのだ。

そのゲームは、アメリカのアタリ用ゲームである『E.T.』。

このゲームが、ある町のどこかに大量に埋められているという、『E.T.』埋葬伝説だ。

 

伝説では、1983年、ニューメキシコ州アラゴモードにソフトは埋められた。

その数、数百万。

30年後の今、埋め立てが決まったある市南西部の土地が、まさにその伝説の埋葬地ではないかという話で地元が盛り上がっているのだ。

 

しかし、アタリはソフト埋葬の事実を否定している。

噂されている土地は100エーカーもあり、正確な場所は誰にもわからない。

 

地元で育った39歳のベン・キングという男性は、当時8歳か9歳だったが、当時アタリがソフトを埋めたのをはっきり覚えているという。

彼はまだアタリを持っているが、Atari 2600の『E.T.』はプレイしたことがないという。

当時、土で埋められたソフトを堀りに人々が集まったため、アタリはコンクリートで埋めたと彼は証言している。

 

ビデオソフトはコンクリートによって完全に保存されている可能性があるらしく、市としても観光産業に結びつく可能性を模索している。

 

発掘の様子はドキュメンタリーとして記録され、公開されるらしい。

 

確かに面白くなさそう…。


マリオブラザーズはアタリでも出ていたのか。


アタリ2600のテレビコマーシャル。

Similar Posts:






  
 

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。