ワールド

アナスタシアもSelfieしてた。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan

 

http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2514069/Russian-Grand-Duchess-Anastasia-seen-capturing-reflection-1913-Russia.html
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2514069/Russian-Grand-Duchess-Anastasia-seen-capturing-reflection-1913-Russia.html

 

SNSなどで自分撮りをすることをアメリカではSelfieと呼ぶが、100年前にもあるプリンセスがSelfieをしていた。

上の写真は、ロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世の大公妃アナタスシア。

彼女は長い間ハリウッドや伝説となっていた悲劇の大公妃だ。

写真はセルフポートレイトで、1900年にリリースされたコダックのブラウニーというカメラを使用。

鏡に映った13歳の自分の姿を撮影している。

撮影年は1913年。今からちょうど100年前だ。

 

この撮影の5年後、革命によって彼女は殺害された。

 

殺害されたのは1918年7月17日。ボリシェビキ秘密警察チェカによって家族とともに殺された。

 

彼女は絶世の美人で、この写真ではわからないが、リンク先に美しく撮影されたポートレイトが掲載されている。

また、自分の姿を自分で撮影した時には、手が震えて大変だったと手紙に書き残している。

今と違って多くの人に見てもらうためではないが、当時の撮影は簡単ではないから、カメラに興味があったことは間違いない。

 

彼女の遺体は100年間不明で、1991年、エカテリンブルグ近くの墓でついに発見された。

 

 

Similar Posts: