エンタメ

アスペルガーが生んだスーザンの才能。

Facebook http://www.facebook.com/maashjapan
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2520258/I-got-Aspergers-says-SuBo-Star-tells-relief-finding-struggles-fame.html
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2520258/I-got-Aspergers-says-SuBo-Star-tells-relief-finding-struggles-fame.html

 

スーザン・ボイルがアスペルガー症候群であることを告白したが、幼少期は「脳障害」と診断されていたという。

彼女には学習遅延があり、同級生からは「スーザン・シンプル」と馬鹿にされていた。

 

結果的に、趣味やコレクションに凄まじい集中力を発揮するアスペルガーが、彼女はスターにしたのだが、多くのアスペルガー症候群の人が一生、その症状に気づくことがないという。

 

アスペルガーの問題となるのは、社会コミュニケーションだ。

勉強ができる人も多いため、学校の成績は上手くいっても、社会に出たときにコミュニケーションがとれない。

重症の場合、相手の言っている意味がほとんど理解できないという。

スーザンの場合は、アイコンタクトができなかった。

 

 

これらの症状は、「相手の感情に興味がない」という行動に似ていて、相手に不快感をもたらす。

そのため友人が作りづらく、それを悩む人も多いらしい。

 

また、そういった症状を理解できない親たちは、子供を叱りつけたり、暴力で解決しようとするパターンがあり、その場合は将来、犯罪と繋がるケースもある。

 

 

スーザンはオペラの歌を歌い続け、その才能をオーディション番組が発掘してくれた。

番組はスーザンの態度や人柄などを抜きにして、純粋に歌の才能を評価してくれたのだ。

スターとなったあとは何かと騒動があった彼女だが、やはり彼女に対しては「歌の才能」に集中すべきだ。

アスペルガーが生んだ素晴らしい歌声がそこにはある。

 

 

Similar Posts:






  
 

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。